Press "Enter" to skip to content

賃貸経営するならどっち?マンションと一戸建て

賃貸経営で得られる家賃収入

賃貸経営をすることで家賃収入を得ると生活費を稼いでそれだけで生きていくことも可能です。副業として行ってより裕福な生活を営んだり、将来のための蓄えを作ったりすることもできるでしょう。いざ始めようというときにはどのような不動産を手に入れるかで迷ってしまいますよね。マンションや一戸建てを利用することが多いですが、どちらを選ぶのが良いのでしょうか。それぞれのメリットとデメリットを理解して選ぶようにしましょう。

収入の点から優れているマンション

賃貸経営でマンションを選ぶメリットは収入が大きくなることです。一部屋あたりの家賃があまり高くなくても、数があるのでそれだけ家賃を稼げます。部屋がたくさんあるので満室にならなくても家賃をある程度手に入れられるでしょう。一戸建ての場合には一軒に一家族しか入居しないため、空室になると収入がいきなりゼロになります。固定資産税なども払わなければならないことを考えるとマンションの方が赤字になるリスクが低いのです。

修繕の費用では一戸建てが有利

一戸建てを選ぶメリットは修繕の計画の立てやすさです。マンションの場合には簡単な修繕であっても大規模になるため、多額の資金を用意しなければなりません。入居者も常にいる状況になるので、その生活に配慮しながら修繕を行う必要があります。それに対して一戸建ての場合には修繕の規模が小さくて済むことに加えて、退居があったときに修繕を行えば良いというメリットがあるのです。規模が小さい分だけ一戸建ての方が修繕しやすいのは管理の手間を減らす観点から優れています。

江別市の賃貸ならば、物件の数が多いので選択肢が豊富です。周辺環境や価格など、こだわりの条件を明確にして探すことがポイントです。