Press "Enter" to skip to content

失敗のない内見の実現!賃貸探しで重要な内見のポイントとは

最終決定に必要な内見

賃貸物件を最終決定するために欠かせないのが内見です。どれだけ書類上で良い物件であったとしても、現物を見てみると思っていたのとは違うと感じてしまうことはよくあります。部屋の広さや明るさなどは実際に部屋の中に入ってみないとわからないでしょう。写真や映像として提供されていた物件の情報が現状よりもずっと古い場合もあります。遠距離の引越しで現地に行くのが大変に感じられるような場合であっても必ず内見を行いましょう。

内見に必需のアイテムとは

内見に行くときには手ぶらで行っては後悔してしまうリスクがあります。調べられる情報はこのときに収集しなければならないからです。カメラとメジャー、メモ帳の三点セットを必ず持って行きましょう。撮れる限り隅々まで写真を撮り、一通りの寸法を測っておくことが大切です。コンセントの位置なども確認して間取り図に記入しておくと部屋のレイアウトを作りやすくなります。カーテンレールの幅や高さなども忘れずに調べておきましょう。

周辺も確認して万全体制

内見に行ったときには物件そのものばかりを見てしまいがちです。しかし、実際に生活することを考えると周辺環境も重視しする必要があるでしょう。部屋から出て周囲を一周ぐるりと歩いてみたり、最寄り駅までの道を確認したりするのも重要です。内見の待ち合わせの時間前に周囲を確認しておくと効率的に内見を終えられます。もし満足できないような周辺環境なら諦めざるをえないという覚悟でしっかりと周辺環境の確認を行って、賃貸契約を結ぶかを決断しましょう。

札幌市清田区の賃貸の利点を理解するうえで、優れた実績のある不動産会社のおすすめの物件の見学をすることで魅力的なデザインを選べます。