Press "Enter" to skip to content

初心者の方は要チェック!賃貸物件の基礎知識

基本的には二年契約になることが多い

賃貸物件は、基本的には二年契約になることが多いです。長期で住む場合には、二年ごとに契約を更新するのが普通です。その際には、更新料が取られることもあるので注意しておきましょう。二年以内に引っ越しをするとペナルティが発生するケースもあります。たとえば、フリーレント期間があった物件なら、ペナルティが発生する可能性は高いです。ただ、契約の内容は物件ごとに違っているので、詳細な説明を大家さんから受けなければ本当のところは分かりません。

火災保険への加入が義務付けられることも

賃貸物件に入居をする際には、火災保険への加入が絶対に必要だというケースは多いです。火災保険は、大家さんが設定をするのではなくて、入居者が設定するのが業界の常識です。ですから、その分の費用も計算に入れておかなければいけません。ちなみに、火災保険の契約期間も二年であるのが普通です。ただ、もちろんこれも物件によってどうなるかは違ってくる可能性があります。契約の内容は大家さんによって違いますから、中には他の保険も必須だという物件もあります。

礼金と敷金の違いを理解しておこう

礼金というのは、その名の通りにお礼のお金です。これは、返ってくることがないお金になります。一方の敷金というのは、退去時に返ってくる可能性が高いお金になります。部屋を汚したり傷つけたりすることがあったときには、敷金を使って修繕をします。部屋をきれいに使っていて修繕をする必要がないときには、敷金は退去時に返還されるのが普通です。ただ、最近はクリーニング代はいくらきれいに使っていたところで取られるケースが多いです。

森の賃貸とは、ログハウスや別荘などのことを指します。森でリラックスしたいという顧客に人気がある物件です。