Press "Enter" to skip to content

賃貸マンションのベランダに注意!借りる前に行う確認点

ベランダの占有権と使用範囲の確認

賃貸マンションを借りる際にはベランダも使用できると考えていますよね。通常は良識的な考えに基づいて利用していれば問題ない状況になっています。しかし、必ずしも占有権が与えられているとは限らず、使用範囲が限られている場合すらあるので注意しましょう。ベランダは避難経路としての役割を果たしているため、移動の障害になるものは置いてはならないといった決まりがある賃貸マンションも多いのが事実です。使用範囲が明記されている場合がよくあるので注意しましょう。

ベランダの清潔さを内見で確認

ベランダが清潔になっているかは内見で確認した方が良い点です。予め直前に清掃してあってきれいになっている場合も多いですが、カラスが糞をしたり、上の階の人がタバコを捨てたりする場所になっていることが稀にあります。部屋の中に比べて明らかにベランダがきれいになっているときには注意した方が良いでしょう。カラスの場合には夕方に被害が多いので内見の時間を夕方にしてみると、実際に集まってくるかどうかを確認できます。

ベランダの防犯性を確認

ベランダは洗濯物を干したり、プランターなどで植物を育てたりといった様々な利用方法があります。しかし、ベランダは外からの侵入経路にもなっていることには注意しましょう。特に低層階の場合には侵入しやすくないかを確認しておくことが大切です。隣の部屋との境界にも注意して、隣人が万が一にストーカーにでもなったときのことを考えて内見のときに見ておきましょう。安全に暮らすためにはベランダの防犯性があるのは重要な点です。

賃貸住宅についてのメリットとしましては、収入や家族(世帯人数)の状況に応じて、住みかえることができます。